損が出た時の証拠金の取り扱い

外国為替証拠金取引では、必ず取引が成功するわけではありません。 失敗をてしまうことlもあります。 あくまで取引です。 取引では得もする方もいれば損をするということもあるのです。 あまり損をした想像をしたくはないことはよくわかるのですが、 全く損をしない取引はありません。 特に外国為替証拠金取引は、かなり上下が激しいです。 チャートを見ていましても、上下の激しさがよくわかるものです。 なかなかずっと上がり続けることもないですし下がり続けることもありません。 1日の中でかなりの上下をしていくものになっているのです。 FX取引はまずはリスクマネジメントをしていくことも重要になっているのです。 その外国為替証拠金取引なのですが、 基本的なリスクとしては損があるわけです。 もしも、取引の方で損をしてしまった場合につきましては、 実は証拠金のほうから損益分をマイナスされるような仕組みになっています。 証拠金が100万円で、取引の損が20万円出たとします。 そのような時には、100万円から20万円がマイナスされまして証拠金が80万円になるということになります。 ですので外国為替証拠金取引は基本的には、 マイナス分は証拠金という担保から支払われるというシステムになっています。 損益としまし、別に請求されるというシステムにはないっていないということが、 そういったことからもよく見えてくるものになっています。 ちなみにレバレッジがかかりますと、 損も大きくなりますので証拠金がいっ気になるなる可能性も捨てきれません。

■FXサイト情報
FX初心者のためのFX口座比較&トレード法!:FX口座開設はここで理解しましょう。
FX比較|人気FX口座開設完全ガイド:FXの失敗しない口座比較